どっちがお得?賃貸と持ち家の比較するサイト

>

アパートとマンションの特徴とは?

アパートとマンションの違い

お部屋探しをしている時に、「アパート」「マンション」という表記をよく見ませんか?確かにアパートとマンションの言葉が定着しすぎてて何も疑問に思うことはないですが、「これら2つの違いは?」と聞かれた時に答えられない方も多いのではないでしょうか。

実はアパートとマンションには明確な違いは決められておりません。ではなぜ賃貸物件の情報ではアパートとマンションが分けられているのでしょう?その理由は構造の違いで分けられているのです。それぞれ解説します。

アパートは、主に木造やプレハブ、軽量鉄骨などで建てられています。2~3階建てであり、郊外に建てられることが多かったりします。
次にマンションは、鉄骨や鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリートなどで建てられています。アパートと違い階数も多いことからエレベーターが設置されています。

2つの特徴

最初にアパートの特徴は、家賃や管理費などが安く、マンションよりも比較的借りやすくなっています。また、駐車場も安くに借りられるので車を持ってて、少しでも費用を抑えたい方にはおすすめできます。しかしアパートの構造では遮音性が良くないとされています。

次にマンションの特徴は、アパートよりも設備が充実しています。家賃が高い分、防犯カメラやオートロックなどの設備がついているところが多く、セキュリティ面ではかなり優秀です。さらにマンションは鉄筋コンクリートで造られているところが多いので、もし災害にあっても被害が軽く済むことがあります。
またマンションは都市部に作られることが多いので、買い出しがしやすいのもいいところです。


この記事をシェアする